クラスTシャツの意義

「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」を作ったら、どんな良い事があるのでしょうか?

クラブ活動や体育祭など、チームで活動するときに利用されることが多い
「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」
それ以外でもキャンペーンやイベントでも出動機会があります。
若者世代だけなく、さまざまな世代から人気があります。
お揃いのTシャツを作ることにはどういった意義があるのでしょうか?
 
1番目「想い出の品として残ること」です。
高校や大学のクラブ活動や同好会・文化祭・体育祭で製作したTシャツは在学時も大切なものです。
作成することで思い出を具体的な形として残せます。
動画や写真と同じように想い出として残るのは長所になります。
大人になって、ふとお揃いの「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」を見て、
昔を懐かしむことができます。
 
2番目「同じメンバーである目印にもなって応援もしやすいこと」です。
個性的なデザインのものであれば、チームの存在感を主張できます。
主にスポーツ競技ならばスタンドからの応援も盛り上がります。
応援する人たちも揃えのTシャツだと目印になるので応援もしやすいです。
 
サッカーでもサポーターの応援がプレイヤーのパフォーマンスにも影響があると言われます。
応援によってチーム力が予想以上に上がるのです。
応援に一体感を加えるために「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」を作るのは
大いにモチベーションも上がります。
 
3番目は、「チームやグループの一体感や団結力が芽生えること」です。
スポーツをするときは、同じデザインのユニフォームを着用するのが普通です。
「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」を作ることによってチームが一つになります。
 
ユニフォームという英語は「一つの形」という意味もあります。
お揃いのデザインのものを着用するだけでモチベーションをアップできます。
団結力や一体感を上げることが可能になります。
 
「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」を作ることによって
想い出になったりチーム力を上げることができます。
「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」を製作することは魅力的なアプローチです。
 
 
 
  • 洗い方や干し方を工夫することで「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」は長持ちする
 
文化祭・体育祭のイベントなどで使用されるアイテムの「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」。
折角、お揃いのものを作ったわけですから、可能な限り長く着るようにしたいです。
大切に取扱をすれば劣化するのも最低限度になります。
どこに注意をすればいいのでしょうか?
 
1番目「干し方」に注意することです。
「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」の最大の敵は色褪せです。干すときに裏返しましょう。
できるだけ直射日光が当たらない場所で干しましょう。
こうすれば色褪せする可能性が低くなります。長持ちさせることができます。
 
2番目「洗い方」に注意することです。
Tシャツの寿命を左右されるのは洗い方にあります。
最も生地を傷めないのは手洗いになります。
洗濯機を利用すると繊維が傷みやすいです。
どうしても洗濯機を利用する場合は直接ではなくて、ネットにTシャツを入れましょう。
こうすると伸びたり、繊維を傷めることを緩和できます。

クラスTシャツ